利尻ヘアカラートリートメントで染めた本物の口コミ・色別生写真付き!

利尻ヘアカラートリートメントの口コミ

利尻ヘアカラートリートメントは、元祖白髪染めトリートメント!刺激が強い成分を一切使わない白髪染めトリートメントで男女ともに使えます。下の写真は利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンで染めた人毛の毛束です。

100%白髪の人毛と50%白髪+50%黒髪の人毛で染めた色がキレイなブラウンカラーに染まっています。色持ちもいいので初めて白髪染めトリートメントを使う人にとっても使いやすいですよ。

利尻カラートリートメント 口コミ

ブリーチしていなくても白髪染めをしているとだんだん髪が茶色っぽくなりますが、そんな髪色に似あうのが利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンです。特にアッシュブラウンに染まるので、とても良いカラーです。

利尻ヘアカラートリートメント

もし、色で迷ったら、ぜひ、ナチュラルブラウンかダークブラウンのどちらかで決めれば後悔しないで済みますよ。

初回購入は1000円引き・まとめ買いが安い!
利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントはよく染まるか?を検証

利尻カラートリートメントには4色あって、黒~茶色でも色味がそれぞれ違います。

利尻ヘアカラーの色

しかも、最近の利尻ヘアカラートリートメントは1回でもよく染まるので、1回目、2回目、3回目・・と重ねて塗らなくてもしっかり色が入ります。

だから、人毛の毛束を使っても1回目で染まってしまいました。まずは人気のカラーで利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンで染めた前後を写真で紹介します。

人毛(白髪50%で染めた)で検証

これはのダークブラウンで染めました。左が全部白髪、右の毛束は50%白髪と黒髪が混じった人毛です。

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウン

ダークブラウンとナチュラルブラウンの違い

利尻ヘアカラートリートメントの人気色のダークブラウンとナチュラルブラウンで比較するとこんな感じです。

利尻ヘアカラートリートメントの色の違い

どちらも染料を塗ってから染め置き15分ほどで仕上げた1回目の仕上がりです。

私の白髪で検証・写真付き口コミ体験談

次は私の白髪で検証します。生え際から白髪と黒髪がでて3色プリンになっている写真から色違いで染めた色のビフォーアフターの生写真をそれぞれの生え際の部分で公開します。

【ダークブラウンのビフォーアフター】
利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウン
ダークブラウンで染めると白髪が少しピンクブラウンのような色味で染まります。とっても良い色味♪になります。

【ナチュラルブラウンのビフォーアフター】
利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウン

また、ナチュラルブラウンで白髪染めするとアッシュ系のブラウンで染まります。黄色味を含んでいるブラウンカラーでこれもとってもおしゃれなので、どちらもお気に入りのカラーです。

【ライトブラウンのビフォーアフター】
利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウン

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンは赤の染料が多く含んでいるようで、ピンクブラウン系にしっかりと染まるので色落ちもピンク色が残りながら染め落ちていきます。

髪色をピンク系にもともと染めている人ならちょうど合いますね。

【ブラックのビフォーアフター】
利尻ヘアカラートリートメントのブラックで染めた

こちらは、利尻ヘアカラートリートメントのブラックで染めた1日後です。ブラックの色が一番なじみにくいです。

1回目ではしっかり色が入りませんでした。ブラックに限っては2回目、3回目と塗り重ねが必要ですね。

染まりやすさもナチュラルな色としてもダークブラウンかナチュラルブラウンが一番使いやすいですね。

特にナチュラルブラウンは色落ち具合もだんだんとアッシュブラウン色に落ちていくのでいいですよ~

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントの色は4色展開

利尻ヘアカラーの色

うえの4色があり、自分の地毛の色に合わせて好きな色を選んでください。

日本人の髪色は黒髪が基本ですが、漆黒の髪色の人はほとんどいません。どちらかというと黄色味を帯びている髪色が多いので、合わせやすいのがダークブラウンとナチュラルブラウンです。

利尻ヘアカラートリートメントの色

日本人の髪の毛の色はそれぞれ違う

日本人の髪の毛はもともと漆黒のような黒色をしていないし、白髪も真っ白の人はほとんどいません。

白髪は黄色ぎみ

日本人の白髪のほとんどは黄色みを帯びているので、将来白髪がたくさんになったら、かっこいいグレーヘアーにするにはちょっと難しいです。

普通なら黄色っぽい白髪になるので、カッコいいグレイヘアーにしたいなら青みのあるシルバーグレイで染めないといけないんですよね。

黒髪も黄色っぽい人や青っぽい・赤っぽいなど

また、黒髪の髪色も人によって若干違います。赤みの強い人や青みの強い黒髪の人もいますし黄色味の含んだ黒髪などそれぞれで、やはり髪色にあわせるために、一回使ってみて合うかどうか?を確かめたほうがいいです。

もし、地毛に黄色っぽさや青みがある人なら利尻のナチュラルブラウンの色がよく合います。

私もナチュラルブラウンをだいたい使っていますが、ダークブラウンも人気色なので、こちらも使ったりしています。ダークブラウンのほうが赤みを含んでいます。

利尻ヘアカラートリートメントの使い方・染め方

利尻ヘアカラートリートメントの本体の裏面には、シャンプー後の髪に使ってください、と書いてありますが、その使い方でよく染まるのでしょうか?

実際にどちらのやり方でも染めてみたので、両方の使い方を紹介します。

シャンプー後の濡れた髪で染めると

利尻 白髪染め シャンプー後に使う方法

5年くらい前の利尻ヘアカラートリートメントは染まりにくさがあったものの、最近では、一番染まりやすいのか?と思うほど染まりやすくなりました。

お風呂のなかでシャンプー後のトリートメント代わりに使っても結構染まります。ただしよく染まるポイントも押さえて使ってください。

  1. シャンプー後に乾いたタオルでしっかりと水分をふき取る
  2. 白髪の根元中心から染料を毛先に向かって丁寧に塗る
  3. コームなどを使って髪になじませ、染料を髪になじませる
  4. ヘアキャップなどかぶり湯舟に入るなどして10分程度おく
  5. 染料の色がでなくなるまですすぐ

このやり方でのポイントは乾いたタオルでしっかりと水分をふき取ってから染料を塗ることです。

また、素手で塗ると爪に黒い染料が入ってしばらくとれなくなるので手袋を使うかハケを使いましょう。

タイルについたら、すぐにお湯で洗い流せばOKだけど、時間がたってしまうと黒い色がとれなくなるので注意してください。

シャンプー前の乾いた髪で染める違い

乾いた髪で染める使い方

シャンプーする前に利尻の白髪染めの染料を塗って、染め置き時間をとってからお風呂に入ったほうがいいのでしょうか?

私はこちらの使い方でいつも染めています。満足の仕上がりにするには、乾いた髪で染めるほうがおすすめ。

利尻ヘアカラートリートメントの口コミ

上の写真は、シャンプー前に染める方法で使いました。左が白髪を染める前で右が利尻のナチュラルブラウンで染めた翌日の写真です。染め方は以下です。

  1. 乾いた髪の毛に染料を塗る(ハケや手袋を使ってもOK)
  2. シャワーキャップをかぶり20~30分放置
  3. お風呂にはいりお湯の色が透明になるまですすぐ
  4. お風呂上りはすぐにドライヤーで乾かす

部屋が暖かい状態ならシャワーキャップをかぶらなくてもOKです。放置時間は染め終わってから20分以上なら特に時間が長くなってしまっても大丈夫。

ただし、髪や染料も乾燥してしまうので、あまり長く置きすぎても意味はありません。シャンプー後よりもシャンプー前に使うやり方のほうが放置時間に用事ができるので、気分的にも楽な気がします。

入浴しながら染めるのもいいけど、湯舟につかって10分以上入っている余裕があればいいけどそうでない人は入浴前に使ったほうがいいですね。

利尻の白髪染め:ジアミン・パラベンなど無添加成分

今までに、美容院の白髪染めやヘアカラーで頭皮が痛んでしまったという人は、次の白髪染めをするのに、ためらってしまいますね。

でも今さら白髪染めはやめられないという人は、利尻ヘアカラートリートメントを試してみるといいですよ。利尻の白髪染め成分の安全性について紹介します。

利尻昆布ヘアカラートリートメントの無添加とは?

タール系色素・パラベン・香料・鉱物油を一切使用なしです(人体に悪影響があると危惧されている成分です)

利尻昆布は危険な化学薬品は一切入っていません。(しかし、万人に合うというわけではありませんのでパッチテストは欠かせないように。)

利尻ヘアカラートリートメントの口コミ
北海道でしか採れない利尻昆布で、さらに厳選されたものを使っています。

豊富なミネラルと潤い成分であるフコイダンが含まれているので、白髪を染めながらも、髪や頭皮を育ててくれます。

副作用・安全性は大丈夫か?

体や頭皮、髪に悪影響があるという化学薬品を使っていないので安心・安全に使えますが、髪の表面に色をつけるタイプなのでどうしても1週間程度で色落ちをしてしまいます。

面倒に感じる人も多いかもしれませんが、頭皮や体への影響を考えると1週間はそれほど短くありませんね。

白髪染めは酸性-中性ーアルカリ性とありますが、利尻昆布ヘアカラーは弱アルカリ性になり、頭皮に優しいです。

また、以前はボトルが固くちょっと使いずらかったのですが、その点もしっかり改良されて柔らかく使いやすくなりました。

利尻ヘアカラートリートメントの成分の特徴

  • タール系色素・パラベン・香料・鉱物油一切使用なし
  • 利尻昆布エキス配合で、潤いとトリートメント効果が抜群
  • 色素は植物由来の天然色素(クチナシ・アナトー・紫根)が中心
  • ノンシリコン処方
  • 28種類の天然由来成分は育毛効果が期待

安全・安心と言っても中にはどうしても肌に合わない人がいます。アレルギー反応がでたときには使用後でも返品できるのでまずは相談をするといいですよ。

電話でもHPのフォームからでもできるので気軽にできます。

電話:0120-8000-10
平日9時から18時まで

髪や頭皮への効果

北海道からとれた利尻昆布の独特のねばりが髪に保湿を与えてくれます。いつまでも髪に潤いを閉じ込める効果があるので、白髪染めをするたびに美髪効果の艶がよみがえります。

染め上がりや色持ち

髪色に合う色を選べばなじみやすく色落ちもなかなかしません。通常は1週間程度ですが、もっと伸ばして染める頻度を減らしている人の口コミがたくさん見つかります。

ネットでの口コミ・評判をチェック

良い口コミ

クチコ

美容院から3週間たつと生え際の白髪が目立ちはじめるので、顔周りと頭頂部の分け目のみのリタッチに使っています。

リタッチには自分の髪の色よりも少し暗い色を選ぶといいそうで、 私はダークブラウン1色よりもブラックのみか2色混ぜた色のほうがあいました。

評香

もう何年もずっと愛用しています。元々カラーリング(毛染め)剤は頭皮がヒリヒリしてしまい合わないので、こちらを試してみたのがきっかけです。

全く髪や頭皮にダメージがないです。

しっかり染めたいので乾いた髪にたっぷり塗って、時間もたっぷりおいてから流してます。

生え際はすぐ白くなるので1週間に一度位リタッチして、全体は2週間に一度位のペースです。年数と共に色持ちが良くなってます。

シャンプーとコンディショナーはノンシリコンがお勧めです。継続して使えば使うほど、良さを実感出来る商品ではないかと思います。

利尻ヘアカラートリートメントを使っている口コミは、満足しているのが多いですね。一部悪い口コミもあったので取り上げますね。

悪い口コミ

評香

通常のヘアカラーを10年使い 気付けばすっかり薄毛に。

ヘアカラー後の刺激がないので利尻ヘアカラートリートメントを継続して使うようになりました。

染めた後の数日は、色落ちがするのは性質上仕方ないのですが、 夏場は白いシャツは着れません(笑)

評香

匂い刺激と頭皮への刺激が無いので、リピート。

染まり具合も他の安いカラートリートメントより良いと思いますし、気に入っています。

最初は3日間程連続使用してしっかり色を着けないとダメでしたが、それ以降は2週間に1回程のペースで使用しています。

風呂上がりに髪の毛を拭くとタオルに色移りしますが、洗濯すれば落ちます。

利尻ヘアカラートリートメント以外の白髪染めトリートメントも同じです。

しっかりすすいでいても多少の色落ちは数日続くので、タオルにはつきます。

新品のキレイなタオルを使うと勿体ないので色がついている気にならないタオルを使うのがいいでしょう。

ただ、白いシャツが着れなくなるほど色落ちがするというのは、使い方を間違っている可能性大です。おそらくすすぎが足らないので、遠慮なく、しっかりすすぎましょう。

目安として、シャンプー後に利尻ヘアカラートリートメントで染めている場合でも、染め置き時間を10分くらい置いてから色水がなくなりすすぎ水が透き通るまでしっかりすすぎましょう。

シャツに色がついてしまうほど染料が残ってしまうとかえって頭皮の毛穴までふさいでしまっている可能性があるので注意しましょう。

このように利尻ヘアカラートリートメントで悪い口コミというのは今は見つけるのが大変なくらいです。だいたいは満足できるくらいに染まっているのがわかります。

ただ、総合的に白髪染めトリートメント自体が使いずらいという人には向かないかもしれません。

基本的に1週間に1回程度、自宅で染める時間がある人ならだれでも使いやすいですよ。

利尻の白髪染めを最安値で買う方法

利尻ヘアカラートリートメントの値段
利尻カラートリートメントの値段は以下ですが、初回限定価格で買うと安くなります。

利尻白髪染めの値段
通常価格3000円(税別・送料別)
→初回限定1000円引き!→2000円(税別・送料540円)
→増税前2160円+540円=2700円

1本で買うと送料がかかってしまうので勿体ないので2本以上で買うか定期便で買うと送料無料になります。

利尻まとめ買いの値段
通常価格3000円(税別・送料別)×2=6000円(税別)
→初回限定1000円引き・2本まとめ買い→4000円(税別・送料無料
→初回限定1000円引き・3本まとめ買い→6000円(税別・送料無料

または2本以上買うか、ほかの商品と抱き合わせで1万円以上で買うと送料無料になります。

利尻の関連商品
  • 利尻カラーシャンプー 3500円(税別)⇒2500円
  • 利尻白髪かくし3066円1986円(税込)
  • カラーケア専用ブラシ&コーム1000円(税別)
定期便にすると2か月に一回2本ずつ購入というコースでも毎回送料無料になります。ほかにはポイントが毎回つくので更にお得になります。(もちろん定期便の回数しばりもないので、いつでも解約や停止ができるので安心です。)

利尻ヘアカラートリートメント

利尻カラーシャンプーと利尻ヘアカラートリートメントの違いは?

利尻カラーシャンプー

お風呂のなかでも白髪染めが簡単にできる!しかも「シャンプーで洗いながら染められる」なんて本当に楽でしかありません。

私の夫は、この利尻カラーシャンプーで髪も洗いながら、顔も一緒に洗っていますww。でも、髪はほんのり黒っぽく染まるけど顔は黒くなっていないようです。

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーの違いって、どんな違いがあるのでしょうか?

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーの違い

利尻カラーシャンプー 利尻トリートメント
値段(通常価格) 3500円(税別)⇒初回2500円(税別) 3000円(税別)⇒初回2000円(税別)
使い方 洗いながら染める 塗ってから放置時間必要
染まりやすさ じわじわ染まる しっかり染まる
成分 天然利尻昆布ほかうるおい成分など 天然利尻昆布ほかうるおい成分など
公式HP バナー原稿imp バナー原稿imp

染まり方はじわじわシャンプーで使うたびに染まっていって、白髪の色がぼやけていくような染まり方になるので、ヘアカラートリートメントのつなぎに使うのがおすすめ。

私はお風呂場にいつもおいています。ヘアカラートリートメントで染め忘れてしまったときや、忙しくて今日は染められない、というときに、たまに使っているので、1本あると便利ですね。

利尻ヘアカラートリートメントだと、20分くらい染め置きタイムが必要で、染めようと思ったのに、忘れてそのままお風呂に入ってしまった・・というときは、利尻カラーシャンプーで染めちゃいます。

白髪をさっとぼかせるので、使った翌日から2日くらいは持たせられますので、超忙しくて染められない時に重宝しています。

利尻ヘアカラートリートメントとルプルプの違い

利尻ヘアカラートリートメントとルプルプの違い

ルプルプも利尻ヘアカラートリートメントとならんで元祖白髪染めトリートメントです。

どちらも定価が3000円で同じで、割引が少し違うくらいですが、どっちにしようと迷っている人も多いと思うので、私がわかった違いを紹介します。

  1. カラー展開が利尻は4色、ルプルプは5色
  2. 利尻は無香料でルプルプはフローラルの香り
  3. 製品のボディがルプルプは三角で利尻は円柱
  4. メイン成分はルプルプはルプルプwフコイダン、利尻は利尻昆布
  5. どちらも染まりやすいが色持ちが少し違う。

以上の5つの違いがあります。どちらも初回がお得に買えるので2本とも使ってみるといいですよ。

利尻ヘアカラートリートメント

>>ルプルプ白髪染めの口コミはこちら

白髪染めトリートメントの口コミ情報!(ヘアカラートリートメント辛口体験レビュー付き)